FEATURE

衣.食.住.遊 前編
- ふっと、旅に出かけたくなる道具たち -

DECEMBER 26 2017

日常生活のつかの間の時間。
ふっと、手の中にある道具に、
「旅に出たい」と気づかされる。

ふっと、旅に出かけたくなる道具たち 衣編

普段から何気なく身に着けている
アウトドアな“衣”たち

日常で意図せずついつい手が伸びてしまうウェアやシューズはないだろうか。
気付いたらいつも着ている。単純な見た目を気にしないものであればそれは今日一日を快適に過ごせるものを選んでいる。汗を掻きそうな暑い日の吸水速乾のシャツやオフにいつも着てしまう肌触りの良いメリノウールのカットソー、考えていればみなアウトドアブランド、快適なのも頷ける。ちょっとコンビニ行くだけに何気なく履いていたトレランシューズに気付くと無性に走り出したくなった。これらを身に着けていると旅心を掻き立てられる。
さて、次の休みはどの山に行こうか。

リアルフリースLSクルー(トップス)
/ アイスブレーカー

上質なメリノウールを起毛させた“リアルフリース”は化繊フリースの1.5倍の保温力を持ちながらも、そのしなやかな着心地は毎日でも使いたくなる。着回しし易いシンプルなデザインが特徴。
(ゴールドウイン / 社外サイト

ノースポールジャケット(ジャケット)
/ ティートン ブロス

(ティートン ブロス / 社外サイト

サイエンスオブムーブメント
QDオックスフォードシャツ(シャツ)
/ ザ・ノース・フェイス

(ゴールドウイン / 社外サイト

Dest.デニムパンツ(パンツ)
/ ティートン ブロス

ストレッチデニムを採用し膝には立体裁断を施している。ポケットの端にガセットを設けるなど細かい配慮が嬉しい。デイリーユースはもちろんトラベルや軽いボルダリングにも対応する。
(ティートン ブロス / 社外サイト

ウォントポラライズ(サングラス)
/ POC

洗練されたデザインが特徴のポック。普段からアウトドアまで幅広くカバーできるフレームデザインウォントシリーズの偏光モデル。
(フルマークス / 社外サイト

普段から何気なく身に着けている
アウトドアな“衣”たち

今日は久しぶりのホームパーティ。あれこれ考えたが先日のキャンプで好評だったレシピに少しアレンジを加えて皆をもてなす。
肉のローストに燻製料理、皆は家であまり作らないだろう料理を時間を掛けずにその場で作る。出来合いのオードブルでは味わえない暖かな料理に「旨い!」「最高~」思った通りの反応だ。普段から家でも使っているアウトドアクックウェアやキッチングッズに皆、興味津々。

普段は皆別々の仕事をしている、キャンプ仲間も現地では別々のアクティビティを楽しんでいるが、皆が集まり楽しみな時間が“食”。食欲という欲求は皆同じだから。アウトドアで磨きをかけ、家で更に磨きをかける。口の肥えた皆を喜ばせるために。
次の“食”キャンには何を作ろうかな。

スモークポット
(スモークソーセージをのせたポット:真ん中手前)
/ SOTO

アウトドアはもちろん自宅でも簡単、そして短時間でスモークが楽しめる陶器製のスモーカー。換気扇の下であれば煙も気にならない。
(新富士バーナー / 社外サイト

ホット&コールド グラス 0.4
(乾杯しているボトル:右上)
/ SIGG

見た目も美しいガラス製のボトル。2重ガラスになっているので保温保冷が可能。フィルターが付いているのでお好きな茶葉や果物を入れて楽しむことができる。
(スター商事 / 社外サイト

ひのきのまな板
(チーズをのせたまな板:右上)
/ tent-Mark DESIGNS

使わないときに自立ができるまな板。しっかり乾燥させることができ、邪魔にならない。しかも2枚繋げることができるのでたくさんの食材を一度にカットできる。ひのきは抗菌抗カビ作用がある。
(カンセキ ワイルドワン事業部 / 社外サイト

ロジックスキレット9in&カバー
/ LODGE

とにかく万能な鋳鉄製のフライパン。同素材の重量あるカバーを使用することで圧力鍋のような状態となり、短時間で美味しい料理が作れる。
(エイアンドエフ / 社外サイト

真空コーヒーシステム1L
/ STANLEY

このボトル1つでいつでもどこでも美味しいフレンチプレスのコーヒーが飲める。
(ビッグウイング / 社外サイト

フォープーン
/ Forpoon outdoor

フォーク・スプーン・ナイフ・トングと1台4役な軽量カトラリー。持ち方によっては箸のように使えるのでとにかく便利。
(ビッグウイング / 社外サイト

牛田 浩一
/ アウトドアコーディネーター

アウトドアアイテムを数多く扱う「A&F」のプレスからフリーランスに転身。アウトドア全般の何でも屋として活動中。父親の影響でアウトドアに目覚めて以来、“四季を節操無く遊ぶ”をモットーに山・川・海・湖、場所を問わず遊ぶが、前ほど遊びに行けないことが目下悩みの種。